[(an imitation) blood orange]-Mr.Children 【毎日1枚 #1-1】

毎日1日1枚アルバムをレビューするブログへようこそ。

としかすろぐのとしかすです。

 

ブログ開設1発目は自分の1番好きなバンドを聞こうということで、Mr.Childrenさんの[(an imitation) blood orange]です。

 

f:id:andoutosyakko:20180907071334j:plain

 

Mr.Childrenに出会ったのは小学生のころで、出会った日から毎日のように聞いています。

 

去年の夏にヒカリノアトリエツアーで念願のライブ初参加も果たしまして、生きててよかったと日々感じております。

 

前置きはこれくらいにして早速聞いて生きましょう!

 

⒈ hypnosis


Mr.Children「hypnosis」Music Video(Short ver.)

 

hypnosisは催眠という意味です。

 

これぞミスチル!って感じのテンポで桜井さんの力強い歌声が印象的なバラード曲。

 

個人的には後半に向かうにつれての盛り上がりが好きで、特にラスサビの"いつか新しい自分にまた出会えるまで"という歌詞の"新しい"の部分でギターとベースとドラムがユニゾンするところが大好きです。

 

 

 

 

⒉ Marshmallow day


Mr.Children「Marshmallow day」Mr.Children[(an imitation) blood orange]Tour

 

Marshmallow dayは臆病な日という意味です。

 

早速ですが、このアルバムで1番好きな曲です。

 

ミスチルのラブソングといえばバラード曲が頭に浮かびがちですが、この曲はこれでもかというほどポップ。

 

この曲はサビのフレーズが本当に素敵です。

チューインガムの味のように
消えてなくなったりしないでよ 

睡眠不足が続く日でも
君に逢えるのなら飛んでく
その瞬間を待ち焦がれてる
チューニングを君に合わせて
同じ歌を口ずさもう
everyday I sing for you

最高&最高。

 

あとベースラインがエロい! 

 

この歌をカラオケで歌う時のあるあるで、ラスサビ前の"君の吐息 甘い雰囲気"のところの桜井さんのファルセットを誇張して歌ってしまうというものがありますよね。

 

え、ない?w

 

まぁ半分ふざけてますけどね。

 

 

 

⒊ End of the day


Mr.Children End of the day

 

End of the dayは1日の終わりという意味です。

 

聞けば聞くほどクセになるスルメ曲。

 

初めて聞いたときは、曲の終わり方に物足りなさを感じましたが、歌詞にもあるように1日が終わり夜が来て、その夜が明けるときの暖かな光を感じるフェードアウトの仕方はおしゃれだなと思います。

 

 

 

⒋ 常套句


Mr.Children「常套句」Music Video(Short ver.)

 

常套句は決まり文句という意味です。

 

この曲を初めて聞いた時、なんかミスチルっぽくないと感じましたが、理由は歌詞がシンプルすぎるなと感じたからだと思います。

 

曲もいつもより短め。

 

桜井さんの歌詞って同じフレーズを繰り返したり、1番のサビと2番のサビで同じような言葉を使わないイメージがありますが、この曲は君に"君に会いたい"の一点張り。

 

つまり常套句。

 

音楽番組で歌詞プロヂューサーのいしわたり淳治さんが「たぶん、奇抜な言葉が一個も入ってないから、自分では、客観的になった時常套句が並んでるって思ったんじゃないかなって思います。」と言っていてなるほどと思いました。

 

個人的には番組の中で、関ジャニの横山さんが「俺だったら会いたいって曲名にしちゃう。」と言っていたのがツボでした。

 

とはいえまさにその通りで、そこで常套句と持ってこれるのは桜井さんしかいないと思います。

 

 

 

⒌ piece


Mr.Children pieces

 

piecesは作品という意味。でも歌詞的にはpiece(破片や断片)の複数形かも。

 

なんか切ない曲だなと思いました。

 

パズルを一つずつ組み立てていく様子を自分達に投影しているようにも感じます。

 

他の人の考察も見たいと思い調べていたら、とても素晴らしいことをおっしゃっている方がおられたので、リンクを貼っておきます。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

頂点を走り続けてきたからこその葛藤を乗り越えてきた桜井さんの、"いつか描いたやつより 本物にしよう"の歌詞の通り乗り越えてきたという歌詞。

 

心に染み渡ります。

 

 

 

⒍ イミテーションの木

www.dailymotion.com

 

メロディーや歌詞から何かが終わったような感じがします。

 

曲だけきいての収録曲かと聞かれたら、「深海!」て答えちゃいそう。

 

自分の考えや発言がイミテーション(模造品、戯言)だとしても、人の為になったり人を癒せるならいいという、桜井さんだからかけるような深い歌詞。

 

イミテーションという言葉はアルバムのタイトルにもなっているので、このアルバムのリード曲であり、キーとなる曲なのかな。

 

歌詞を見ながらじっくり聞いてほしい曲です。

 

 

あまり長くなってしまうとあれなので今回はここまで!

 

後半は次の記事で。

 

 


Mr.Children [(an imitation) blood orange]Tour digest

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己紹介&このブログについて

・書いている人の名前→としかす

 

・趣味       →ギター

 

・ブログ概要    →1日1枚アルバムレビュー(洋楽邦楽問わず)、雑記

 

・好きなアーティスト→Mr.Children、BiSH、東京事変、JET

 

・文章力      →なし

 

・音楽知識、理論  →なし

 

・音楽の聞き方   →Spotify

 

 

思いついたら追加しますー。